漢方で症状を緩和

漢方

自律神経失調症は、多くの有名芸能人が発症しているとしてニュースに取り上げられたことがありました。自律神経失調症は、体内の神経伝達のバランスが著しく悪くなってしまう症状です。日中動いているときに機能するのが交感神経です。逆に、就寝中などで身体を休めているときに機能するのが副交感神経です。これらの機能がうまくいかないと、様々な症状が身体にあらわれます。そんな自律神経失調症は、漢方で症状を改善することが可能なのです。漢方の中には、自律神経失調症に効果的な作用が含まれている生薬を利用しているからです。また、自然界に存在する生薬をふんだんに利用しているので副作用の心配がありません。自律神経失調症の治療を漢方で安心して続けられるでしょう。

漢方での自律神経失調症は、専門の薬剤師が、患者の体を全体で捉えて適切な生薬を調合します。特に、漢方に伝わる理論では、体の「気」を重要視しています。気の巡りを良くすることで、自律神経失調症を改善していくのです。自律神経失調症の治療で比較的使用される漢方は、半夏厚朴湯があります。自律神経失調症の症状で現れる、喉の症状を改善する効能が確認されています。その他では、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯といったものも比較的多く利用されています。これらの漢方も、頭痛や目眩などに効果があるものです。比較的、自律神経失調症の治療に使われている漢方と言っても、人の体質によっては、使用されない場合があります。薬剤師は、問診してから、体質にあった漢方を選んで調合するので、自律神経失調症に効く漢方は、人それぞれ異なってきます。